menu

【不倫体験談】(40代男性)適度な距離感で続いている不倫関係の話

The following two tabs change content below.

信じるから開ける!恋愛マッチング

マッチングアプリ・恋愛・復縁・不倫などの実際の体験談をご紹介いたします。

出会いは取引先の担当者変更

IT企業で人事を担当している40代の独身男性です。当社は直接雇用の従業員の他、派遣社員を多く受け入れており、多くの人材派遣会社とのお取り引きもあります。

昨年夏、お取り引き先の派遣会社の一つであるA社より、担当者が変わると連絡があり、後任者として紹介されたのがrでした。

rは30代前半で小柄。人懐っこそうな笑顔が印象的で、初対面のその時から私はかなり好印象を持っていました。

初対面の数日後、派遣会社の担当者を招いた交流会と称した飲み会があり、rも後任の担当者として参加するとのこと。

私はお近づきになれればな、なんて下心を抱き、その日を楽しみにしていました。

飲み会のその日、rは仕事が長引いたようで開始してから1時間経ってからの参加。

しきりに申し訳なさそうにしていたのを覚えています。そして遅れてきた分を取り戻そうとお酒を飲むペースもかなり早かったように見えました。

飲み会をキッカケに距離は縮まっていく

肝心の私はそんな様子を遠巻きを見ているだけ、いざとなるとなかなか声はかけれないな、と奥手な性格を恨むのでした。

そんなことをしているうちに1次会は終わり、2次会で近くのバーに行くことに。偶然にもrとは席が隣りとなりました。

その頃rはお酒がかなり回っていたようで、一方的に自分のことを楽しそうに話し倒すばかり。

はたから見ると私は一方的にrに絡まれているという感じで、私たちの近くには誰も寄ってこない状態。

これはチャンスと思いながらどうにか誘う方法を探っていましたが、ふとした会話から既婚者であることが発覚。

一気に諦めムードになったのを覚えています。

飲み会は2次会で解散でしたが、rの方からもう一軒とのお誘いがあり、一気に下心は再加熱。

二人でまた違うバーへ行き、酔いもあって一回きりとの約束でそのまま男女の関係となりました。

私にとって願ってもいない展開でしたが、やはり一回きりで済むはずもなく、その後も定期的に二人で会い続け、今でも関係は続いています。

会うのは基本平日の仕事終わりの夜のみ。週末は全く連絡は取らないため、rにとっては二重生活のような状態。

一関係が始まってから半年以上がたちますが、今でも二人で会うときはドキドキしますし、私は彼女のことが好きだと思います。

夫婦関係の話はせず、適度な距離で関係を楽しむ

肉体関係を結ぶ

ただ、旦那と別れてくれと思っているかといえばそうとは言い切れないのが本音です。

彼女は私といるときは旦那の話は一切しませんし、私もそこには一切触れません。

どんな仕事をしているのか、容姿も年上なのか年下なのかも知りません。

なんとなくですが今の旦那と別れるつもりはないと思います。

でも彼女も私のことを大好きなんだと思います。会っている時はお互いそのことを考えず、純粋に恋人同士でいます。

いつか終わりがくる関係だと思いますが、今はこれ以上をお互い求めていないという感じです。

もっと記事を読む⇒【不倫体験談】(30代女性)スポーツを介して知り合った既婚男性との不倫体験